【軽量&パワフル】コンパクトスティック型掃除機厳選!5選【在宅にもおすすめ】

ご時世柄、在宅で自宅にいる時間が長くなり埃などが溜まりやすくなり、掃除する時間も増えたのではないでしょうか。
最近では特にコンパクトで場所を取らず、軽量なスティック型掃除機が非常に人気になっております。

そこで場所を取らずコンパクトながらもパワフルなスティック型掃除機をご紹介します。
合わせて掃除機の選ぶポイントもまとめておりますのでご覧ください。

タップできる目次

掃除機の選び方

最近、人気の非常に高いスティック型掃除機。
でも選び方が分からないという方のためにスティック型掃除機を選ぶポイントをまとめてみました。

集塵方式

1つ目のポイントは集塵方式(ゴミの集め方)です。
集塵方式は大きく分けて『紙パック式』と『サイクロン式』の2つありますが、現在のスティック型クリーナーはサイクロン式が主流となっています。

紙パック式

吸い取ったゴミをそのまま紙パックに溜めるタイプ。

メリット
  • ゴミに直接触れないため、衛生的にゴミを捨てられる
デメリット
  • 紙パック代がかかり、ランニングコストがかかる
  • 紙パック内にゴミが溜まると吸引力が低下してしまう
サイクロン方式

吸い取ったゴミを高速回転させることで空気とゴミに分離し、本体のダストボックスに溜めていくタイプ。

メリット
  • 紙パックを必要としないため、ランニングコストがかからない
  • 紙パックのセットが必要なく、手間がかからない
デメリット
  • ダストケースからゴミを捨てる際にゴミが舞い散りやすいので注意が必要

ヘッドタイプ

2つ目のポイントはヘッドタイプです。
現在、メインで使われているヘッドは『モーター式』といわれるヘッド内のブラシをモーターで回転させ、ゴミをかき出す方式です。

また、高価格帯では『自走式』といわれるモーターの力でヘッドが進むようになっているタイプが採用されていることが多く、力を入れずに操作することができるため、非常に楽にお掃除ができます。

では、この2つのポイントを抑えながらおすすめのスティック型掃除機をご紹介しておりますのでご覧ください。

おすすめスティック型掃除機5選

1万円以内のお手軽スティック型掃除機

ツインバード サイクロンスティック クリーナー 2WAY

お手頃価格のサイクロンクリーナーをお探しの方におすすめ

ツインバードのハンディにもなる2WAYサイクロンスティッククリーナー。
シンプルなボディで1.7kgという軽さなのに70Wとパワフルなスティック型クリーナー。
また、自立できるのでお部屋の隅に置いておくのにも困りません。
隙間ノズルでサッシなどの細かい部分も楽にお掃除ができます。

Anker Eufy HomeVac H11 ハンディクリーナー

デスク周りやソファなどに使えるハンディクリーナーをお探しの方におすすめ

AnkerのハンディクリーナーEufy HomeVac H11。
コンパクトで約560gという軽さでデスク周りや車内などをお手軽にお掃除できます。
また、付属のノズルを使用することで掃除しにくいソファの隙間などを簡単にキレイにできます。
Micro USB充電に対応しており、USB充電器やモバイルバッテリーを使用して充電できます。

高価格帯の高機能スティック型掃除機

非常に軽くて使いやすいため、女性の方にもおすすめ

アイリスオーヤマ 掃除機 コードレス ハンディクリーナー

アイリスオーヤマのハンディでもスティックでも使えるコードレスクリーナー。
『快適軽量スリム設計』により重量1.6kgの本体も下重心設計により手元で感じる重さはわずか約0.58kg
毎日のお掃除の負担が非常に軽くなります。
『置くだけ充電スタンド』で飾るように置くだけでスマートに充電できるため、お部屋の景観を崩さずに収納できます。

三菱電機 自走式 コードレスクリーナー iNSTICK 空気清浄機能付き

舞い上がった埃もしっかりキレイにできる空気清浄機能付きをお探しの方におすすめ

三菱機電機の日本製コードレスクリーナーiNSTICK。
その名の通り、充電スタンドと一体となり、充電忘れがなくお部屋にすっきりと置くことができます。
空気清浄機能つきでお部屋中に待ってしまう埃を吸い取り、床も空気も一緒にキレイにすることができます。
また、自走式なので軽い力で女性の方なども軽い力で使うことができます。
デザインも機能性も申し分ない高性能コードレスクリーナーです。

Tineco ティネスコ Floor One S3 掃除機 水拭き吸引

飲み物のこぼしを水拭きできる掃除機をお探しの方におすすめ

Tinecoの水拭き吸引もできる掃除機Floor One S3。
自走式で軽い力でお掃除でき、『iLoop™️ホコリ認知センサー』を搭載し、さまざまな汚れを吸引できます。
ヘッドにはブラシローラーが付いており、埃はもちろん飲み物こぼしや毛などもしっかりとキレイにできます。

セルフクーリング機能も付いており、ブラシローラーも自動でお手入れしてくれるので手軽に使うことができます。
また、大容量バッテリーを搭載し、フル充電で最大35分間(標準モード時)の使用ができるため安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ひとり暮らしの方から家族でお使いの方まで人気のスティック型クリーナー。
使う機会が多い掃除機なので少し良いものを買うと手間なお掃除の時間も楽しい時間に変わるかもしれません。
さまざまな機能や性能のスティック型クリーナーが出ておりますので用途に合った掃除機を選んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
  • 公開日:
目次
タップできる目次
閉じる